×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加齢臭 原因

加齢臭の原因とは!?中年になって臭う体臭

 

 

40代以上の世代の間で一番気になるのは、口臭。その次に気になるのが体の臭い、体臭の一種ともいわれている、老齢からくる異臭、すなわち加齢臭です。 以前から高齢者が特有のニオイ(老臭)を出しているとは言われていましたが、最近では老年になる前の中年の人(早い人では20代後半)たちのニオイが注目され始めました。これを「加齢臭(エイジングノート)」といいます。

 

加齢臭,オジサン臭

 

脂肪酸の酸化によって発生する「ノネナール」が加齢臭の原因とされています。研究の結果、女性は、女性ホルモンに守られ、男性より「ノネナール」の発生が少ないそうです。裏を返せば、男性は女性より加齢臭が発生しやすいといえるわけです。40代を過ぎると、皮脂中の過酸化脂質が増加し、脂肪酸組成が変化します。

 

20〜30代の人の体臭からは、ほとんど検出されない ノネナールこそが加齢臭の正体なの です。

 

加齢臭の存在を化学的に解明したのは、ある化粧品メーカーの製品開発センターです。20代から70代までの男女のポロシャツに付着した成分を分析したところ、男女ともに40歳を過ぎた年代のポロシャツから、特有の体臭成分が検出されたのです。

 

40代以上の世代のポロシャツから検出されたのは、ノネナールという不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種です。このノネナールは若い人たちの体臭からはほとんど検出されないことから、いわゆる加齢臭の原因であると特定されました。

 

最近の研究結果から、40歳を過ぎたころから体内の脂肪酸分泌量が増加し、結果、脂肪酸の酸化によって発生する「ノネナール」が急増する、ということがわかりました。人間は年齢とともに酸化に対する抑制力が低下します。とりわけ40歳以降、それが顕著になり、体のニオイ=「加齢臭」が強まるのです。

 

加齢臭の原因の一つとされている皮脂中の過酸化脂質を減らすために心がけたいことは、文字どおり、脂質の酸化を防ぐことです。

 

動物性の脂っこいものをとりすぎないようにするとともに、酸化を促す活性酸素を体内でできる限り発生させないようにして、さらに不必要な活性酸素を消去することが加齢臭対策として重要です。

 

若い頃の新陳代謝、脂肪消費は年齢を重ねるごとに無理がでます。

 

やはり中年、20代後半、30歳あたりになったらボディメンテナンスと同時に、自分の香り、体臭にもケアをしていかなければいけません。

 

クサイ中年、体臭のきつい大人、口臭のくさい中年なんてイヤですよね〜!!

 

 

≪えがおの爽臭粒≫エチケット対策の救世サプリ!国産柿渋エキス配合。

 

胃腸に負担をかけず、簡単に続けられる消臭&健康を意識したサプリメントです!

 

 

 

 

口臭、体臭、加齢臭の情報サイト

株式会社えがおのサプリメント消臭粒は体内、胃腸内からにおう腐敗臭、老廃物のニオイをクリアにしてくれます。口臭、体臭、便臭が最近臭くなった方、家族からニオイがきついといわれているかたに、えがおの消臭粒をオススメします。